会計ソフトはPCインストール型とクラウド型のどちらが良い?

ざっくり言うと……

  • PCインストール型は、安定性と安価な電話サポートが魅力
  • クラウド型は、場所や端末を選ばないのと強力な明細自動取り込み機能が魅力
  • 初心者PCインストール型から始めるのが無難

 

会計ソフトはそれぞれ何が違うの?

確定申告(青色申告)ソフトの最終的な目的は、どれも税務署に提出するための書類と帳簿作りです。

各ソフトの特徴は、機能性、操作性、サポート体制、料金、ソフトを動作させる環境(OS)の違いであると言えます。

 

PCインストール型と、ネットのクラウド型がある

以前の会計ソフトと言えば、パッケージを購入してパソコンにインストールするタイプしかありませんでした。

今はネット上(クラウド)で動作する会計ソフトも続々と登場しています。

関連記事:確定申告にオススメの会計ソフトは?

 

PCインストール型とクラウド型はどちらが良い?

どちらにも一長一短があります。PCインストール型の強みが、クラウド型の弱みであり、クラウド型の強みは、PCインストール型の弱みでもあります。

以下、PCインストール型としてやよいの青色申告ソリマチみんなの青色申告を、クラウド型としてマネーフォワードクラウド確定申告(旧称:MFクラウド確定申告)とfreeeを想定した比較です。

 

PCインストール型の強み

  • パッケージ製品やマニュアルが手元に残る
  • 会計データをPC内だけで保存できる
  • 回線やネット環境の影響が少なく、操作性も軽快
  • これまでに培われてきた機能性、操作性、安定性の高さ
  • 電話サポートが比較的安価に提供されている

初心者で、特に好みやこだわりがなければ、PCインストール型が無難です。
弥生やソリマチのPCインストール型ならば、機能が不足することもないでしょう。

パッケージ製品なので、一度購入してしまえばソフト一式が手元に残ります。

やよいの青色申告はマニュアルがPDFでデジタルデータ化されてしまいましたが、ソリマチみんなの青色申告は詳細な紙のマニュアルがあります。

会計処理がPC内で完結するので、ネットで外部に保存する必要がありません。
また動作は軽快で、キーボード操作でサクサク記帳しやすいのが特徴です。

何かあった時に気軽に電話で聞けるサポートは、初心者こそ必要なサービスです。
(クラウド型のマネーフォワードクラウド確定申告の電話サポートがあるプランは割高です)

確定申告時期は電話がなかなか繋がりづらいのが難点ですが、いざという時に直接オペレータに質問できるサポートがあるのは心強いです。

 

クラウド型の強み

  • 職場や自宅など場所や端末を問わない
  • WindowsやMacなどOSを問わない
  • インストールやアップデート作業が不要
  • パソコンが壊れても会計データやソフトに影響が無い
  • 銀行やカードの取引明細の自動取り込みに強い

会計処理を職場や自宅など場所を問わずに作業できます。

また、PCインストール型はWindowsが主流ですが、クラウド型はMacユーザーやiPhoneやAndroidといったスマホやタブレット等、様々なOSや端末を使うユーザーにも向いています。

インストールやアップデート作業が不要ですし、パソコンが壊れても会計データや会計ソフトの復旧作業は不要です。

銀行やクレジットカード等、取引明細を取り込む機能が強力な点もクラウド型の強みです。PCインストール型にも自動取り込み機能はありますが、クラウド型と比較すると貧弱です。

記帳処理をやってみるとわかりますが、明細が自動で取り込めると、かなりの手間と時間の節約になります。

 

初心者はPCインストール型とクラウド型、どちらを選べばいい?

一長一短あるので、一言で片付けるのは難しいのですが、特に好みやこだわりがなければ、PCインストール型が無難です。

クラウド型は革新性が高い分、機能が未実装だったり、ネット回線やサービスそのものが不安定になることが度々あります。忙しい確定申告時期にトラブルが発生すると、作業が滞るリスクがあります。

回線によっては処理が重くなり、まだ発展途上なのでブラウザ上での動作がもっさりしているサービスもあります。(操作感は、どれも体験版で気軽に試せます)

 

場所や端末を変えて会計処理をすることはあまりない

クラウド型は、場所や端末を選ばないという強みがありますが、実際のところ会計処理は職場なり自宅なりどこか1ヶ所でやるのが普通です。

常に日本や海外を泊まりで出張して、しかも先々でマメに日々の経理処理をする人ならばまだしも、普通はあちこちで領収書の整理をするようなことはありません。

出張を終えたら自宅か職場に戻ってまとめて処理というのが一般的です。

 

クラウド型の強力な自動取り込み機能は便利

クラウド型を選ぶべき理由の一つとして、銀行やカードの取引明細の自動取り込み機能の強さがあります。ネットとの親和性の高さは、クラウド型ならではです。

ただし、今はやよいの青色申告やソリマチみんなの青色申告といったPCインストール型も自動取り込み機能を大幅にパワーアップしました。

利用している金融機関やクレジットカード会社が対応しているかどうか、メーカーサイトで事前に確認しておくと良いでしょう。

 

初心者は安定性とサポート体制を重視しよう

クラウド型は急速に普及し、機能も日々増えていき、安定性も上がっていますが、初心者は革新性よりもトラブル回避の安定性重視をオススメします。

PCインストール型は、初心者が機能面で不足を感じることはまず無いでしょうし、比較的安価に電話サポートも提供されています。

書籍やネットの情報も豊富なので、何かあっても解決しやすいです。

利用者が多いということは身近に使っている人も多いでしょうし、ネットでの質問もしやすい(回答を得やすいです。

 

初心者は無難にPCインストール型【やよいの青色申告】を選ぼう

ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』でも、初心者向けとして勧めているのはPCインストール型のやよいの青色申告です。

NTSではマニュアルに加えて動画解説もあるので、初めて確定申告(青色申告)をする初心者は興味本位でクラウド型から始めるよりも、ド定番のやよいの青色申告から始めましょう。

関連記事:確定申告にオススメの会計ソフトは?