確定申告と白色申告と青色申告の違いって?

ざっくり言うと……

  • 確定申告というくくりの中に白色と青色という申告方法の違いがある
  • 白色申告のメリットは無い。でも白色申告でやるしかないケースがある
  • 青色申告には10万円控除65万円控除がある
  • どうせ確定申告をするなら青色申告65万円控除がオススメ

 

確定申告というくくりの中に、白色や青色という申告方法の違いがある

『確定申告と、青色申告は何が違うの? 白色申告っていうのもあるよね?』

いざ確定申告をしようと思い立って、直後に悩むのがこれではないでしょうか?

白色申告も青色申告も、そのどちらも確定申告です。
確定申告というくくりの中に、白色と青色の申告方法の違いがあるのです。

  • 副業収入を“雑所得”として、“白色申告”する
  • 副業収入を“事業所得”として、“白色申告”する
  • 副業収入を“事業所得”として、“青色申告10万円控除”する
  • 副業収入を“事業所得”として、“青色申告65万円控除”する

大雑把に言うとこんな感じです。
下に行くほど手間がかかる分、節税効果も大きいのです。

 

事業性の無い収入は雑所得として確定申告(白色申告)する

副業収入と言っても、コンクールの賞金や懸賞賞金、原稿執筆料、講師料など、主に単発や臨時の収入で、それによって業を営んでいるわけではない場合、雑所得として確定申告(白色申告)します。

事業所得でなければ特別な記帳や簿記が不要で、手続きも簡単ですが、節税効果は薄いです。

 

事業性のある収入は、事業所得として確定申告(白色申告・青色申告)できる

継続性や収益性などのビジネスとしての実態があれば、雑所得よりも節税効果のある事業所得として確定申告できます。

副業収入を事業所得にできれば高い節税が可能です。
ただし、記帳や簿記、事前の承認といった、雑所得にはない手間がかかります。

 

事業所得のハードルは上がっている!?

高い節税効果を悪用するプチ脱税のような人が続出したためか、最近では税務署による事業所得の判断が厳しくなっているようです。

税務署の判断によってビジネスとみなされなければ、節税効果の薄い雑所得での申告に修正させられるという話もあります。

 

雑所得と事業所得の判定基準は曖昧

最終的な判定は税務署次第ではありますが……

悪用のつもりなど一切なく、実際に事業として副業を営んでいるのであれば、堂々と事業所得として申告しましょう。やってみる前から遠慮したり、あきらめたりする必要はありません。

 

白色申告と青色申告の違いは?

事業所得をどのような簿記の方法で確定申告するか?』という違いが、白色申告と青色申告の違いです。

ちなみに白色や青色という呼び方は、昔の申告用紙が白や青だったからです。
今は結構カラフルです。

 

白色申告のメリットは無い。でも白色申告でやるしかないケースがある

以前の白色申告は、『事業所得でも記帳しなくていい』というメリットがありました。

しかし、平成26年(2014年)以降、事業所得であれば白色申告でも記帳が義務化されました。『記帳いらず』という白色での事業所得の申告メリットは無くなりました。

今から白色申告を選択する意味はありません。
事業所得の確定申告をするならば青色申告を検討すべきです。

 

青色申告の申請を出していないと自動的に白色申告になってしまう

青色申告は、事前に所轄の税務署へ『青色申告承認申請書』を提出しなければなりません。

申請をしていないと、自動的に白色申告での事業所得が適用されてしまいます。

前述したように、以前はそれでも『節税効果は薄いけど記帳の手間がない』と交換条件で考えることもできましたが、今は白色の事業所得も記帳が義務化されているので、手間は変わらず節税効果が薄いだけになってしまいました。

事業所得であれば、積極的に青色申告を検討しましょう。

 

青色申告は白色申告よりも控除などの特典が豊富

  • ゴッソリ所得を抑えて税金を下げることができる青色申告10万円控除青色申告65万円控除
  • 赤字の相殺(純損失の繰り越し)
  • 白色は10万円だが青色は30万円までの資産が一括経費化
  • 家賃や光熱費の家事按分が白色より認められやすい
  • 家族への給与を経費化(青色事業専従者給与)
  • 棚卸資産の評価方法でお得な低価法が選べる
  • 貸倒引当金を経費化できる
  • etc……

難しい言葉も出てきますが、ぶっちゃけると『青色申告は、ありとあらゆる方法で税金を抑える手段があるので、かなりお得』ということです。

逆に、これらを適用できない白色申告は無駄に税金が高くなります。

 

青色申告の節税効果で数十万円数百万円もの差がつく

事業規模や控除の適用範囲によってピンキリですが、それでも数十万円とか数百万円ぐらい節税の差が出てもおかしくはないのです。

手間を掛けるだけのメリットがあるからこそ、みんな頑張ってチャレンジしています。翌年以降は同じ作業の繰り返しが多くなるので、相対的に作業は楽になります。

最初はちょっと大変ですが、早ければ早いほど節税効果は大きくなります。
青色申告で50万円節税できれば、2年で100万、5年で250万円もの差がつきます。

50万円を利益ベースで売り上げるとなると、どれほど大変でしょうか。
売上を増やす手間をかけるよりも先に、まずは税金の穴を塞ぎましょう。

 

青色申告には10万円控除と65万円控除がある

青色申告は、簿記(記帳)の方法で2種類に分かれます。

  • 簡易簿記 → 青色申告10万円控除
  • 複式簿記 → 青色申告65万円控除

複式簿記の方が簡易簿記よりも手間が増えますが、正確なお金の流れを記録する見返りとして、65万円控除という大きな節税効果の特典が与えられています。

 

簡易簿記は簡単で、複式簿記は難しい……というわけでもない

簡易簿記は、複式簿記よりも帳簿の数は少ないです。

そのため理屈の上では手間が少ないという事になっていますが、それは手書きで帳簿を記帳するのが主流だった時代の話です。

今はパソコンで会計ソフトを使うのが一般的です

会計ソフト上では様々な帳簿や決算書が連動して作成されるため、簡易簿記も複式簿記も手間はほとんど変わりません。

どうしても青色申告10万円控除にする理由でもなければ、会計ソフトを使って青色申告65万円控除をするべきでしょう。

 

ちなみに青色申告10万円控除は2種類ある

実は青色申告10万円控除には、通常の簡易簿記の他に、現金簡易簿記という、更に簡易な簿記があります。

現金主義という、お金の出入りだけに着目して記帳する方法ですが、一般の会計は現金主義ではなく発生主義に基づいているのが主流です。

これも白色申告同様、あえて選ぶ理由のない申告方法です。

 

青色申告10万円控除と65万円控除は何が違うの?

青色申告10万円控除と65万円控除では、控除額に55万円分もの差があります。

控除を平たく言えば、税金を安くする特効薬のようなもの。税金の計算をするための大もとになる所得を下げれば下げるほど、算出される税額も下がります。

青色申告65万円控除なら、青色申告10万円控除より55万円分も所得が下がります。そこから算出される税額はグッと小さくなるわけです。

 

どうせ確定申告をするなら、青色申告65万円控除がオススメ

というわけで確定申告をするならば、白色申告でも青色申告10万円控除でもなく、青色申告65万円控除をオススメします。

 

必要なのは、税務署に提出する開業届と、青色申告承認申請書

開業届青色申告承認申請書は、所轄の税務署へ行けば置いてあります。
窓口に聞けば書き方も教えてくれます。

必要事項を記載して提出すれば、5分10分で済む作業です。(僕はそうでした)
これだけで開業です。割とあっけないです。

 

開業届と青色申告承認申請書の提出期限でたまに間違った情報がある

せっかく開業しても、『その年の3月15日までに青色申告承認申請書を提出しないと白色申告になる』という情報がたまにネットにありますが、これは間違いです。

開業から2ヶ月以内青色申告承認申請書を税務署に提出すれば、その年(1年目)から青色申告できます。(開業届の提出は、開業から1ヶ月以内です)

 

3月15日までに提出しなければならないのは既に開業済み(白色申告)の事業主

例えば、平成27年に開業した(白色申告の)個人事業主が、平成28年分を青色申告したい(平成29年2月16日~3月15日に申告したい)なら、平成28年3月15日までに青色申告承認申請書を提出しなければならないということです。

その期限を過ぎたら青色申告承認申請書は受理されないので、平成28年分(平成29年2月16日~3月15日までに申告する分)は白色申告になります。

 

新規開業ならば、開業から2ヶ月以内に申請すれば大丈夫

もし開業1年目から青色申告で節税したければ、開業2ヶ月以内に青色申告承認申請書を提出すれば間に合います。

ダッシュで税務署へ提出してきましょう。
ε≡≡ ヘ( ´Д`)ノ

いつを開業日とするか?というのも諸説あります。NTSにはその解釈も記載されています。まだ手遅れではないかもしれませんよ。

 

ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』で書類は全て揃い、記載も悩まない

僕が開業届と青色申告承認申請書を出した時はまだNTSが無くて、一般書籍とネットの情報を参考に自力で判断しながら記載しました。

でも、やはりアフィリエイター特有の部分であれこれ悩みました。

ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』では、本編マニュアルに記載方法が書かれているので迷うことはないですし、特典マニュアルのひな形Excelファイルで、提出書類も全て手に入ります。

本編の解説どおりに入力し、事前に印刷すれば、税務署に持参してそのまま窓口に提出するだけです。

 

悩んだり迷ったりするのは本当に手間と時間の無駄

当時、あれこれ悩んだり迷ったり手間と時間を取られた僕からすれば、NTSで悩まず迷わず正しくサクッと作業が終わることが羨ましいですし、正直ちょっと悔しいです。

NTSが無くて、全て自力で済ませた初めての青色申告は、本当に悩んで迷って苦労したので……

NTSSの詳しい情報はこちら